「ツイてない」のドイツ語表現2選。Pech haben, die Arschkarte ziehen


不運なことに遭遇し、ツイてないと言いたいときのドイツ語表現を2つ紹介します。自分のことでも他の人のことでも両方使えます。

Ich hatte Pech. (フォーマル)

Ich habe die Arschkarte gezogen.(口語)

 “Pech”=不運、という単語はドイツ語クラスでも習いますね。

しかしドイツ語ネイティブがよく使う表現は2つ目の文のほう。口語です。“Arsch”は尻ですから、どういう意味?今日はこれを説明します。

 

・Arschkarte ziehenという表現

直訳すると“der Arsch”=尻、“die Karte”=カード、ziehenは引く、という動詞なので「ケツのカードを引く」となります。

Arschkarteの由来は、サッカーなどのレフェリーが、ズボンの尻ポケットにレッドカードを入れている事から来ています。

昔のテレビは白黒で、レフェリーの出すカードの色が分からなかったため、イエローカードを前胸、レッドカードをズボンの尻ポケットに入れていました。1

つまりレッドカード=尻ポケットから出てくるカード=尻カード。

レッドカードが出てくると退場しなければならないため、何か不遇なことが起きたときに「尻カードを引いてしまった」と表現するのです。2

ちなみにサッカーで使われる本物のレッドカードのことはArschkarteとは言いません!あくまで「ツイてない」という意味の言い回しです。

最後に例文を。

・Warum ziehe ich eigentlich immer die Arschkarte? = なんで私ばっかいつもツイてないの?

  1. https://www.redensarten.net/arschkarte/
  2. https://www.geo.de/geolino/redewendungen/7049-rtkl-redewendung-arschkarte-ziehen