【ドイツ語例文】あいさつのドイツ語バリエーション“Begrüßung”


目次

・「おはよう」のドイツ語バリエーション

Guten Morgen.(人の前で話すときや、あらたまった言い方)

Morgen.(友達同士や学校や大学の教室でよく使われる)

Hallo.(レジでは1日中よく聞く言葉。あちこちで一番使われている。)

Moin.(とってもくだけた言葉。家族や仲良しの友達内で使う)


・「こんにちは」のドイツ語バリエーション

Guten Tag.(人前で話すときやあらたまった言い方。日常的にはあまり聞かない)

Hallo.(一番よく使われる。)

Servus.(友達や家族内で。)


・「こんばんは」のドイツ語バリエーション

Guten Abend.(日常会話ではほとんど使わない)

Hallo.(夜でもハローは一般的。)

結論:挨拶は一日中“Hallo”を使うと間違いありません。日本ではお客さんは店員さんに対して挨拶をしませんが、ドイツではレジでもパン屋でも注文の前は店員さんと目を合わせ、挨拶から入ります。ぜひ“Hallo”と一言挨拶をしてから注文をしましょう。

・別れの挨拶のドイツ語バリエーション

Auf Wiedersehen. = それではまた。
(日常的にはほとんど使わない。あらたまった言い方。)

Auf wiederhören = それではまた。
(電話の別れ際に。)

Tschüss! = バイバイ
(日常的に使われている。店員さん、友達、先生、教授にも使っていた。)

Ciao! = バイバイ
(仲の良い友達や家族間でよく使う。)

Freut mich. = うれしかったよ
(初めて知り合った人への別れ際に付け加える言葉。)

Bis dann. = またね
(また会う予定の人には誰に対して使ってもいい。)

Bis Später. = また後で
(後から会う人、または話す人に対して)

Bis morgen. = また明日
(明日会う人に対して)

Schönen Tag noch. = よい一日を
(Tschüss!のあとに付け加えると感じがいい。)

Schönen Abend noch. = よい夜を
(夜にバイバイするときに付け加えるといい。)

Schönes Wochenende. = よい週末を
(金曜日や土曜日に言う言葉。)

Mach’s gut. = またね がんばってね
(思いやりのある言葉。とても感じがよく、よく使われている)

Pass auf dich auf. = 気を付けてね
(Mach’s gutと同じ)

Man sieht sich. = また会おうね

Grüß bitte Andreas von mir! = アンドレアスによろしく言っといて!

※ドイツ語は別れ際にたくさん思いやりのある言葉をかけあう傾向にあります。友達や同級生など、毎日会っていても別れ際はハグをしながら、このような言葉をかけあいます。ドイツ人がアジア人の別れ際「またね~バイバイ!」とあっさりと手を振って別れるのを見て変な感じがしたと言っていたのを聞いたことがあります。

私たちからすれば長ったらしく感じるぐらい、たくさんの言葉を並べるのがドイツ人の別れ際の傾向です。しかも、しっかりと立ち止まって目を見ながら言い合います。私も最初はこれに慣れませんでした。なので別れ際の挨拶はたくさんドイツ語バリエーションを覚えておくことをおすすめします。


・あいさつ後のスモールトークの例文

Wie geht es dir? = 元気?

Na, Wie steht’s? = 元気?

Danke, gut. = 元気だよ。

Danke, mir geht’s ganz gut. = すっごく元気だよ。

Wie geht’s Ihnen? = お元気ですか?

Lange nicht gesehen. = 久しぶり。

Was gibt’s Neues bei dir? = 最近新しいことあった?

発音を聴きたい方は動画と一緒にどうぞ!【聞き流し】