ドイツ語の“gehen”と“kommen”の使い方は日本語とどこが違うのか解説。


ドイツ語の「gehen=行く」と「kommen=来る」は時々、日本語のそれと使い方が異なります。

いきなりですが分かりやすいのがセックス。

日本人はフィニッシュのときに「イク」という表現を使いますが、ドイツ人は「来る」と表現します。英語でもそのようですね。

「行く」と「来る」という動詞、どちらの語をどの場面で使うのかは、各国語によって違いがあります。

ドイツ語初級者の日本人がやりがちな間違いや、日本語初級者のドイツ人がやりがちなミスも、母語を直訳することから生まれることも多いのです。日本人が間違えがちなドイツ語の例文はこちら。

A:Wo bist du gerade? = 今どこ?

B:Ich komme gleich! = すぐ行く!

日本語だと「すぐ行く!」という場面でドイツ語は「すぐ来る!」といいます。あなたのところに来る、というニュアンスですね。

A:Gehen wir morgen zu dir oder zu mir? = 明日そっちに行く?それともうち来る?

B:Ich komme zu dir. = そっちに行くよ。

これも「私があなたのところに行く」という私を主体にした表現が、ドイツ語だと「私があなたのところに来る」という相手主体の表現に変わります。

もうひとつ。「私が行こうか?それともあなたが来る?」という日本語は主語が一人称ですが、ドイツ語は「私たちは(wir)そっちに行こうか?それともここで?」という言い方をします。一緒に行くわけではないので非論理的ですが、一人称複数になる、ということもできれば覚えておくと自然な会話ができます。

 

A:Wann kommst du zurück? = 何時ごろ帰ってくる?

B:Ich komme um 18 Uhr nach Hause. = 18時に家に帰るよ。

日本語だと「帰る」という表現もドイツ語ではkommen(来る)が使われることが一般的です。「今から帰る」とはドイツ語では「今から来る」といいます。

つまり、日本語では「行く」や「帰る」と表現するのにドイツ語で「来る」と表現する場面は

1.お互いが離れていて

2.一方が他方に向かうとき、

行く人が日本語なら「行く」といい、ドイツ語では「来る」という。

混乱したら「私は(今から)あなたのところに現れる」状況なときは“kommen”を使う、と認識するとよいかもしれません。

大学や仕事または一緒に遊ぶなど、今顔を合わせている相手に対して「そろそろ帰るわ~」というときは

Ich gehe langsam nach Hause. 

といいます。

同じ「帰る」でも相手がどこにいるかで“kommen”というのか“gehen”というのか、変わるのがドイツ語だということですね。

Twitterで毎日ドイツ語の表現が学べます^^https://twitter.com/nanako_kreutzer