所有冠詞の一格【ドイツ語初級文法7-1】


ドイツ語基礎文法一覧

ここでは冠詞の種類のひとつである所有冠詞について、一格のみをくだいて解説します。

ドイツ語文法を始めたばかりの初級者が所有冠詞の一歩を踏み出せるように、そのやり方の手順を示します。

 

まず所有冠詞とは

「私の〇〇」「君の〇〇」「彼の〇〇」「私たちの〇〇」といった意味です。

つまり日本語だと「私」や「あなた」といった人称代名詞に「の」をつけたのと同じ形です。

ドイツ語は人称代名詞自体が変化て「私の」という意味になります。

 

各人称代名詞の基本形はこちら。

人称代名詞 有冠詞
ich(私は) mein(私の)
du(君は) dein(君の)
er(彼は) sein(彼の)
es(それは) sein(その)
sie(彼女は) ihr(彼女の)
wir(私たちは) unser(私たちの)
ihr(君たちは) euer(君たちの)
sie(彼らは) ihr(彼らの)
Sie(貴方は) Ihr(貴方の)

↑この表は丸暗記以外の方法はありませんので覚えておきましょう。

冠詞とはすべて、名詞の前につけるものなので所有冠詞ももれなくそうなります。meinやdeinが単体で出てくることはありません。

名詞とセット(冠詞+名詞)と覚えてください。

ちなみに代名詞は単体で出てくる品詞です。

 

さて次。

名詞とセットということは、名詞の性別を考慮しなければなりません。

全ての名詞は男性・女性・中性・複数のどれかに分類されますよね。

つまり名詞の性に合わせて冠詞も変化します。

 

ここでやるのは所有冠詞の一格の変化形だけです。

今回はこれだけをきっちり覚えましょう。(下に練習問題もたっぷりあります)

 

一格の所有冠詞の表がこちら

人称代名詞 男性 女性(-e) 中性 複数(-e)
ich mein meine mein meine
du dein deine dein deine
er / es sein seine sein seine
sie ihr ihre ihr ihre
wir unser unsere unser unsere
ihr euer eure euer eure
sie ihr ihre ihr ihre
Sie Ihr Ihre Ihr Ihre

こちらを見ても分かるように一格の所有冠詞の形はたった2つしかありません。

原形そのまま、または後ろに-eがついた形のみです。

男性名詞と中性名詞がそのまま、女性名詞と複数名詞が-eつきです。

 

ひとつ注意なのはeuerとeureが少し形が変わることです。

euer(男性・中性)

eure(女性・複数)

後者はeとrが入れ替わった形になります。

 

もう一度名詞を入れた表を提示します。

人称代名詞 男性 女性(-e) 中性 複数(-e)
ich mein Bruder meine Schwester mein Kind meine Eltern
du dein Bruder deine Schwester dein Kind deine Eltern
er / es sein Bruder seine Schwester sein Kind seine Eltern
sie ihr Bruder ihre Schwester ihr Kind ihre Eltern
wir unser Bruder unsere Schwester unser Kind unsere Eltern
ihr euer Bruder eure Schwester euer Kind eure Eltern
sie ihr Bruder ihre Schwester ihr Kind ihre Eltern
Sie Ihr Bruder Ihre Schwester Ihr Kind Ihre Eltern

 

それでは、これらの表を覚えたところで終わりではありません。

覚えたところがスタートラインです。

覚えた所有冠詞をふさわしい場面で正しく使えるようにならなければなりません。

 

たとえばの文にはどの所有冠詞が入るでしょうか?

Wie ist (        ) Name?

=お名前は何ですか?

 

この時によく犯してしまいがちな間違いは、とっさに尋ねている目の前にいる相手の性別で冠詞を言ってしまうことです。

話し相手の性別は文法と全く関係がありません

まだドイツ語で会話をしたことのない人には意外に聞こえるかもしれませんが、このような混乱はかなり多数の学習者に起こります。

たとえば目の前にいる女性に名前を聴くときにWie ist Ihre Name?と言ってしまったりします。(正解はIhreではなくIhrです)

 

このような反射的な間違いを避けるために、冠詞を入れるときに参考になる手順を紹介します。

 

まず、真っ先に考えることは

名詞の性別を特定する

です。

名詞の性別が解らないことには冠詞が使えません。

性別を特定 → 人称代名詞を特定

この手順が大事です。

 

それでは

Wie ist (        ) Name?

を例に手順に沿って考えてみましょう。

1.名詞の性を特定(男性・女性・中性・複数の4択)

→Nameは男性名詞ですね。

2.冠詞・格を決定(ここでは所有冠詞・一格のみなので飛ばす)

3.人称代名詞を特定

→二人称の敬称なのでIhr

4.男性名詞+二人称の敬称で答えを特定

→Wie ist ( Ihr ) Name?

以上の手順を頭の中で何度も何度も踏むとミスが出にくく、そのうち自然に出てくるようになります。

こちらに超初級用の問題を用意してあります。

手順を踏んで考える練習してみましょう↓

所有冠詞の一格の練習問題をやってみる

 

↑上記の練習に慣れたら下の問題もやってみましょう。

1.ich:(       ) Name ist Anne.

2.du:Wie ist (       ) Name?

3.ich:(       ) E-Mail-Adresse ist [email protected]…..

4.du:Wie ist (       ) E-Mail-Adresse?

5.ihr:Wie ist (       ) E-Mail-Adresse?

6.sie:Sind das (       ) Freunde?

7.ich:Nein, das sind (       ) Freunde.

ヒント:名詞の性(Name, Adresse, Freund)が何か?が解ればすぐです。

答え
1.Mein
2.dein
3.Meine
4.deine
5.eure
6.ihre
7.meine

いかがでしたか?いくつ正解しましたか?

一格だけでもすべてを正解することはだいぶ難しいのではないでしょうか。

このように二格も三格も四格も手順を参考にどんどんトレーニングを積んで慣れていくしかありません。

根気よくやっていきましょう。

動画解説はこちら↓

ドイツ語動詞一覧
ドイツ語文法一覧
文法練習問題一覧
ドイツ語例文一覧
ドイツ語すべての記事