interessieren, interessant, Interesse他【ドイツ語動詞・名詞・形容詞】


ドイツ語の動詞interessierenとそこから派生した形容詞や名詞など「興味がある」「おもしろい」の言い方をまとめてみます。

けっこうごっちゃになってる人多いと思います。

なぜなら前置詞はいつも同じではないし、主語も違うからです。それをここで明確にしておきましょう。

 

5種類あります。まず原形から。(A=四格、D=三格)

1.sich für A interessieren

2.interessieren A

3.interessant für A sein

4.interessiert an D sein

5.Interesse an D haben

どうですか?

これだけ見ただけでもややこし!ってなりますね。

これらを正しく使うには前置詞がfür Aかan Dかを覚えるだけでなく、それぞれの品詞と、主語は何か、という2つの判断が必要です。

それを今からしっかりと分けていきますよ。

 

まず品詞から

1.sich für A interessieren(動詞)

2.interessieren A(動詞)

3.interessant für A sein(形容詞)

4.interessiert an D sein(形容詞)

5.Interesse an D haben(名詞)

1と2が動詞のinteressieren

3と4が形容詞。それぞれ形は少し違ってinteressantとinteressiert

5が名詞になってInteresse

です。

ここまで大丈夫ですか?

動詞2,形容詞2,名詞1です。

 

それでは人、つまり「私」が主語になるものとなれないもの分けます。

なるほうがピンク、ならないほうは青です。

1.sich für A interessieren(動詞)

2.interessieren A(動詞)

3.interessant für A sein(形容詞)

4.interessiert an D sein(形容詞)

5.Interesse an D haben(名詞)

1,4,5は人が主語。2,3は人が主語になれない、つまり興味の対象が主語になるものです。

 

ここまでわかれば文を作ることが出来ます。

「私はこのゲームに興味がある」という文を5種類作ることにします。

それぞれの文で主語は「私」ですか?それとも「ゲーム」ですか?

それを考えながら見てみてください。

1.Ich interessiere mich für das Spiel.

2.Das Spiel interessiert mich.

3.Das Spiel ist interessant (für mich).

4.Ich bin an dem Spiel interessiert.

5.Ich habe Interesse an dem Spiel.

こうなりました。

1,2,4は「私」が主語。

2,3,は「ゲーム」が主語。

3のfür michはあってもなくてもいいです。私が話しているのだからつけないことのほうが多いかもしれません。

状況によって私を強調する場合はつけてもいいかもしれませんね。

☆☆

 

さて、それではそれぞれの使い方が分かったところで、じゃあ意味の違いは?

私や周りが「興味がある」という意味でよく使っているのは1,2,4,あたりでしょうか。言い換えも可能なほどに使う場面も似ています。

1は会話でもよく使われる口語的な表現です。逆に5は書面で書かれることも多いです。

3のinteressantは形容詞の格変化でよく使われることが多く、また反応として「それ面白いね(Das ist interessant!)」的な使い方をよくする印象です。

反応として使う場合の違いは

Das ist interessant(それ面白いね!)

そして

Das interessiert mich!(それ私興味あるわ!)

ちょっとだけニュアンスが違いますね。

 

想像しやすいようにいくつか例文で見てみましょう。

1.Der Vortrag war sehr interessant.

2.Das war ein sehr interessanter Vortrag.

3.Was interessiert dich in Japan?

4.Ich habe Interesse an dieser Wohnung. Ich würde sie gerne besichtigen…

5.Was werde ich beruflich machen? Ich interessiere mich für gar nichts.

6.Alle interessieren sich nur für sich selbst.

7.Ich bin an klassischer Musik kaum interessiert. Aber Jazz interessiert mich vielleicht ein kleines bisschen. Ich interessiere mich am meisten für Popmusik.

訳↓

1.この講演すごく面白かった~。

2.おもしろい講演だった~。

3.日本の何に興味があるの?

4.このお部屋に興味をもっています。一度見学に伺いたいのですが・・・

5.なんの仕事しようかな?何にも全く興味ないねんけど。

6.みんな自分のことしか考えてないもんだよ。

7.クラシックにはほぼ興味ないけどジャズはまだちょっとましかな・・一番興味あるのはポップ音楽。

☆☆

 

ドイツ語学習者が最初に習い、使うのは1の表現だと思います。

再帰動詞のところで出てきますよね。sich für A interessieren..とセットで覚えます。

そして日本語母語者にとって使いづらいのはきっと2の、再帰動詞がないバージョンのA interessierenでしょう。なぜならA(四格)に入るのは「私」だからです。

直訳すると↓

Der Autor interessiert mich.
=この作家は私に興味を持たせる。

になります。

・・・日本語に直訳したら変!な表現です。でもドイツ語は普通。こういう動詞の使い方は他にもいっぱいあります。

ドイツ語ではむしろこちらのほうが短くて前置詞もなく、間違いにくいのではないでしょうか?

2の言い方、個人的にはおすすめなのでこれに慣れる努力してみてもいいかも。

 

動画解説はこちら(*^-^*)↓

 

ドイツ語実践練習一覧
ドイツ語読解一覧
ドイツ語単語一覧
ドイツ語文法一覧
文法練習問題一覧
ドイツ語動詞一覧
ドイツ語例文一覧
ドイツ語表現一覧
ドイツ語の多面性一覧
個人レッスン
ドイツ語学習トップ