話法の助動詞:過去形・現在完了形【ドイツ語文法26】


ドイツ語で過去の表現は2つあり、過去形(Präteritum)の方は書面で使われる。そして日常的に会話で使うのは現在完了形(Perfekt)だ、と記憶しているはずです。

過去形(Präteritum)を復習する
現在完了形(Perfekt)を復習する

しかし、話法の助動詞が入るとそれは一転し、過去形が会話でもよく使われるようになります。

もちろん、現在完了形もよく使われていますが、過去形の方が短く表現できるため、やや好まれている印象があります。

過去形は、文の2番目にある語を過去形に変化させるだけでできます。
könnenを例に見てみましょう。

現在形:Ich kann Geige spielen.
(私はバイオリンが弾ける。)

過去形:Ich konnte früher Geige spielen.
(私は昔、バイオリンが弾けた。)

現在完了形は補助動詞habenが2番目に入り、文の後ろに本動詞、話法の助動詞の順でいずれも不定形でつきます。

現在完了形:Ich habe früher Geige spielen können.

※通常、現在完了形は 補助動詞+過去分詞(Ich habe früher Geige gespielt.)となりますが、話法の助動詞が入ると過去分詞はなぜか不定形になります。注意!

 

では、話法の助動詞は入っているが、本動詞が省略されている場合の現在完了形は?

その場合は、話法の助動詞が過去分詞形(PartizipII)変化します。

現在形:Der Arbeiter will mehr Urlaub(haben).
(その従業員はもっと休みが欲しい。)

過去形:Der Arbeiter wollte mehr Urlaub.

現在完了形:Der Arbeiter hat mehr Urlaub gewollt.
(その従業員はもっと休みが欲しかった。)

とはいえ、話法の助動詞の過去分詞形が使われることは滅多にありません。

真ん中の文のような過去形がほとんどです。意味は過去形も現在完了形も全く同じ。

6つの話法の助動詞の過去形の変化表はよく出てきます。必ず丸覚えしましょう。
一人称と三人称単数のみここに書いておきます。そのほかの人称変化はすらすら出てくることが理想。

現在過去形
ich kannich konnte
ich magich mochte
ich willich wollte
ich sollich sollte
ich mussich musste
ich darfich durfte

現在完了形の変化は参考程度に見ておきましょう。それだけで十分です。

話法の助動詞の意味を復習する

 

ではもう少し突っ込んで、sein動詞を使う現在完了形は話法の助動詞が入るとどうなるの?
例文で見てみましょう。

現在完了形:
Ich bin nach Hause gegangen.
(私は家に帰った。)

müssenを入れて「私は家に帰らなければならなかった」という文を作ります。

過去形:
Ich musste nach Hause gehen.

現在完了形:
〇 Ich habe nach Hause gehen müssen.
✖  Ich bin nach Hause gehen müssen.

話法の助動詞が入った文では、sein動詞はhabenになる。

現在完了形でseinと話法の助動詞は一緒に使えないと覚えておきましょう。

 

まとめ。

・話法の助動詞は過去形で使われることも多い。

・現在完了形はhaben+本動詞の不定形+話法の助動詞の不定形。

・本動詞が省略されている場合のみ、話法の助動詞が過去分詞形に変化する。

・現在完了形の補助動詞seinと話法の助動詞は一緒に使えない!habenになる。

前の文法へ【ドイツ語文法25】
次の文法へ【ドイツ語文法27】
ドイツ語文法の一覧へ
ドイツ語独学トップページへ