副文の接続詞1:falls, obwohl, da, damit, indem【ドイツ語文法38】


ドイツ語基礎文法一覧

ドイツ語の接続詞は文法的にみると2種類に分けることができます。

主文+主文の接続詞(Koordinierende Konjunktionen)

・主文+副文の接続詞(Subordinierende Konjunktionen)

です。数でいえば後者のほうが圧倒的に多いです。

主文+主文の接続詞は全部で5つです(und, aber, oder, sondern, denn)。こちらの5つの接続詞については文法23で詳しく解説しているので残りはこちらをご覧ください。

 

さて、今回のテーマは二つ目の主文+副文の接続詞についてです。

簡単に言えば主文とは動詞が2番目に来る文、副文とは動詞が最後に来る文です。副文の接続詞とは言葉通り、副文の前につく接続詞のことです。この種類と意味について今回は解説します。

主文と副文については文法21へ。

文法21では参考として常用されている4つの副文の接続詞について解説しました(dass, ob, weil, wenn)。

しかしこの4つの他にも副文の接続詞はもっともっとあります。

それを今日は一通り紹介していきたいと思います。

 

おもな副文の接続詞一覧

・damit
・da / weil
・falls / wenn
・obwohl / obgleich / obschon
・indem
・(zumal)
・(sofern)
・während
・immer wenn
・sobald
・soweit
・seit / seitdem
・bis
・nachdem
・bevor
・als
・すべての疑問詞
・すべてのwo+前置詞

*( )の接続詞が会話で使われることは稀。
*赤は時間に関する副文の接続詞(これについては次の文法39でやります)

今回は時間の接続詞以外のほうを例文とともに見ていきます。

もくじ↓

 

それでは一つずつ意味と共に見ていきましょう。

weil / da(~なので・~だから)

原因を表す接続詞ですね。weilとdaは基本的にどちらも同じ意味ですが、daのほうは誰でも知っていることを言うときに使われることが多いです。

たとえば

・Ich gehe heute nicht zur Arbeit, weil ich mich nicht wohlfühle.

(今日は体調が悪いから仕事に行かない。)

この文は“私”にしか分からない体調のことを言っています。しかし

・Du musst dich warm anziehen, da es draußen sehr kalt ist.

(外はすごく寒いから暖かい格好しなくしゃだめだよ。)

↑外がすごく寒いのはその地に住んでいる人なら周知の事実です。このようなときにはdaのほうがweilより少しふさわしいかもしれません。

が、しかし基本的にどちらも大きな意味の違いはありません。

weilのほうが会話でよく使われ、daは書面などで使われることが多いと説明する本もあります。

 

それではどんどん例文を見ていきましょう。

・Ich bin zu spät gekommen, weil ich meinen Bus verpasst habe.

(バスに乗り遅れちゃったから遅くなった。)

 

Ich gehe heute nicht zur Arbeit, weil ich mich nicht wohlfühle.

(今日は体調がよくないから仕事休むよ。)

 

Seine beruflichen Chancen sind sehr gut, weil/da er mehrere Fremdsprachen spricht.

(彼は多言語を話すから就職のチャンスは高いね。)

 

また質問に答えるときは副文のみでも意味が成り立ちます。↓

A:Warum fährst du nicht mit uns?

(なんで一緒に乗っていかないの?)

 

B:Weil ich keine Zeit habe.

(時間がないから)

 

obwohl(~なのに・~にもかかわらず)

「~にもかかわらず~である」という接続詞はobwohl/obschon/obgleichの3つありますが、日常で聴くのはほぼobwohlのみです

obschonやobgleichは書籍の中などに出てくることが多いです。

・Ich gehe heute zur Arbeit, obwohl ich mich nicht wohlfühle.

(今日は体調が悪いけど仕事に行く。)

 

・Gehst du nicht raus, obwohl draußen die Sonne scheint?

(太陽が出てるのに外に出ないの?)

 

Obwohl wir uns ständig streiten, sind wir doch gute Freunde.

(よくケンカするけど私たち親友だよね。)

 

・Er ist nicht gekommen, obwohl er wusste, dass ich auf ihn warte.

(私が待ってること知ってたのに彼は来なかったよ。)

 

damit(~ために)

・Ich brauche Licht, damit ich was sehe.

(何も見えないから電気つけて。)

 

・Karen bringt ihre Kinder mit dem Auto zur Schule, damit ihnen nichts passiert.

(子供たちに何も起きないよう、カレンは車で学校まで送っていく。)

 

・Ich mache das Fenster zu, damit es in der Wohnung nicht zu kalt wird.

(部屋が寒くなりすぎないように窓を閉めるね。)

 

・Ich möchte mein Abitur machen, damit ich studieren kann.

(大学に行くために高校卒業試験を受けたいと思っている。)

 

・Eva hat ihrem Freund einen Wecker geschenkt, damit er nicht oft verschläft.

(エバは彼氏が頻繁に寝坊しないよう、目覚まし時計をプレゼントした。)

 

・Ich lerne jeden Tag, damit ich meine Deutschprüfung bestehe.

(ドイツの試験に合格するために毎日勉強している。)

 

falls / wenn(もし~なら)

fallsとwennはどちらも似た意味ではありますが、fallsのほうはwennに比べ、現実になる確立が低いです。

無理やり日本語で表現するならfallsは「もし~なら」で、wennは「~のとき」と捉えることもできます。

 

またfallsはまだ決定していない事柄、wennは決定はしているがいつか決まっていないだけの事柄と解説をする人もいます。

意味的な違いをいうとfallsは状況を表す接続詞、wennは時間を表す接続詞です。

 

例を見てみましょう。

Falls du nach China kommst, sehen wir uns in Zhuhai.

(もし中国に来ることが合ったら珠海で会おうね。)

 

Wenn du nach China kommst, sehen wir uns in Zhuhai.

(中国に来たら珠海で会おうね。

↑前者は中国に行くのが全くの未定、または中国に行く確立が低い時、後者は中国に行くことは決まっているが具体的にいつなのかはわからない状態、または確率的に前者より高いニュアンスです。

 

その他の例文

・Du kannst eine Decke aus dem Schrank nehmen, falls du frierst.

(もし寒かったらクローゼットからかけぶとん取っていいからね。)

 

Wenn du Hunger hast, können wir etwas bestellen.

(お腹すいてたら何か頼もうか。)

・Du kannst zocken, wenn du deine Hausaufgabe gemacht hast.

(宿題やったらゲームしていいからね。)

 

 

indem(~することで)

・Sie grüßt ihn, indem sie sich tief verbeugt.

(彼女はお辞儀することで彼にあいさつしている。)

 

・Man kann Benzin sparen, indem man langsamer fährt.

(ゆっくり走ることでガソリンを節約できるよ。)

 

・Man kann die Umwelt schützen, indem man weniger Auto fährt.

(なるべく車を使わないようにすることで環境保護ができるよ。)

 

・Man kann abnehmen, indem man viel Sport treibt.

(いっぱい運動することで痩せれるよ。)

 

それでは次回もさらなる文の接続詞について詳しくやっていきたいと思います。

次回→疑問詞を使った接続詞
次々回→時間に関する接続詞

falls, da, obwohl, indem, damitの練習問題をやる

解説動画はこちら↓

前の文法へ【ドイツ語文法37】
次の文法へ【ドイツ語文法39】
ドイツ語文法一覧へ
ドイツ語のトップページへ


0 コメント

     

    XHTML: タグをつける: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>