da / wo+前置詞 -Präpositionaladverbien- 【ドイツ語文法37】


ドイツ語基礎文法一覧

今回の文法はdamit, darauf, darüber, darum, womit, worauf, worüber, worumといったドイツ語の単語とその使い方の解説です。

da+前置詞

wo+前置詞

各前置詞の前にdaまたはwoがつくと代名詞と疑問詞の機能を持ちます。

つまりda+前置詞は代名詞“das”、wo+前置詞は疑問詞“was”と同じ意味です。同じ意味ならなぜdasとwasではなく、daraufやworaufといった表現があるのでしょうか?

それは、ドイツ語には目的語としての前置詞(Präpositionalobjektがあるからです。これの代名詞の役割をするのがda-とwo-をつけた前置詞なのです。

たとえば四格支配の動詞なら、

A:Machst du deine Hausaufgaben?
(宿題する?)
B:Ja, ich mache das.
(うん、する)

A:Willst du Kaffee trinken?
(コーヒー飲む?)
B:Ne danke, ich mag das nicht trinken.
(ううんありがとう、今は飲みたくない)

このように名詞の代わりとしてそのまま代名詞dasをつけることができます。

 

ではwartenはどうでしょうか?wartenの目的語はauf+四格でしたね。この時の代名詞としてda-が機能するのです。

A:Wartest du gerade auf den Zug?
(今電車を待ってるの?)

B:Ja, ich warte schon lange darauf.
(うん、もう長いこと待ってる。)

✖ Ich warte das.は文法が間違っているのはわかりますよね。

しかしこれはどうでしょう?

✖ Ich warte auf das.これはなぜダメなのでしょう?実はこれが代名詞として使えないのは別の文法になってしまうからです。この使い方は関係代名詞です。さらに関係代名詞は一文では使えないのでこの文は間違いなのです。

そして人を指すときにはda-を使うことはできません。

A:Wartest du auf Robert?
(ロバートを待ってるの?)

B:Ich warte auf ihn.
(うん、待ってる。)

✖Ich warte darauf.は使えません。モノの代名詞としてのみ使えます。

 

つまりdasは目的語の代名詞であるのにたいし、da+前置詞は前置詞つきの目的語の代名詞であるということです。

同じようにwo+前置詞も見てみましょう。

四格目的語の場合

A:Was machst du gerade?
(何してるの?)
B:Ich mache gerade meine Hausaufgabe.
(宿題してる)

A:Was willst du heute Abend essen?
(今日の夜何食べたい?)
B:Ich will Pizza essen.
(ピザが食べたい)

直接wasを付けると「何」という疑問詞になりますね。

では前置詞つきの目的語の場合。

A:Auf was wartest du? / Worauf wartest du?
(何を待ってるの?)

B:Auf meinen Bus.
(バスだよ。)

疑問詞の場合、前置詞+wasとwo+前置詞のどちらも使うことが出来ます。ここがda-との違いですね。

さらに人の場合は

A:Auf wen wartest du? / Worauf wartest du?
(誰を待ってるの?/何を待ってるの?)

B:Auf Katharina.
(カタリーナだよ。)

前置詞+wen(誰)またはworaufも使えます。なぜなら質問している側は人かモノかは定かではないからですね。

 

そしてda-とwo-がつく前置詞には、あくまで目的語としての前置詞のみです。補語としての前置詞には使えません。

たとえば

A:Gehst du morgen in die Schule?
(明日学校へ行く?)

B:✖ Ja, ich gehe darin. ←これはダメ!Ja, ich gehe in die Schule.と繰り返していうか、Ja, ich gehe.だけでもいいです。

ーーーーーーー

A:Stehst du morgen um 7 Uhr auf?
(明日7時に起きる?)

B:✖ Ja, ich stehe darum auf. ←これもダメ!Ja, ich stehe um 7 Uhr auf.と言いましょう。

 

目的語として使う前置詞は16種類あります。こちらがその表です。

前置詞da-wo-
andaranworan
aufdaraufworauf
indarinworin
unterdarunterworunter
überdarüberworüber
ausdarausworaus
umdarumworum
beidabeiwobei
zudazuwozu
vondavonwovon
mitdamitwomit
nachdanachwonach
durchdadurchwodurch
gegendagegenwogegen
vordavorwovor
fürdafürwofür

↑これ以外にも前置詞はたくさんありますが、それらの前置詞にはda-もwo-も一切つきません。たとえばdawegenとかwostattなどという語はありません。前置詞の種類はこちら

例文

*D=三格、A=四格

1.hören mit D=Dをやめる。

A:Hörst du mit dem Rauchen nicht auf?
(タバコやめないの?)

B:Ab morgen höre ich damit auf.
(明日からやめる~。)

C:Eh? Womit hörst du auf?
(え?何をやめるって?)

B:Mit dem Rauchen!
(タバコ!)

ーーーーーーー

2.warten auf A=Aを待つ

A:Ist das Paket schon angekommen?
(荷物もう届いた?)

B:Ja, ich habe schon lange darauf gewartet.
(うん、もう長いこと待ったよ。)
=Ja, ich habe schon lange auf das Paket gewartet.
✖Ja, ich habe schon lange auf das/es gewartet.

*すでに出てきた単語を言い換える使い方です。auf dasは関係代名詞の文法なので使えません。

ーーーーーーー

3.rechnen mit D=Dを計算にいれる

A:Heute war der Unterricht später zu Ende.
(今日は授業が終わるの遅かったね。)

B:Damit habe ich nicht gerechnet.
(そうは思ってなかったな。)

*dasやda+前置詞は特定の単語だけじゃなく、一文まるまるを「それ」と言い換えてもかまいません。

ーーーーーーー

4.danken für A=Aをしてくれてありがとう
/sich freuen über A=Aが嬉しかった

A:Heute war sehr schön. Ich danke dir dafür, dass du mich eingeladen hast!
(今日はすごく楽しかった。誘ってくれてありがとう!)
=Ich danke dir für die Einladung!

B:Danke, dass du heute gekommen bist. Ich habe mich sehr darüber gefreut!
(来てくれてありがとう、すごくうれしかった!)
=Ich freue mich über deinen Besuch!

*伝えたいことを一単語で言う必要はありません。Aのように副文を使って細かく説明してもかまいません。

ーーーーーーーー

5.achten auf A=Aに気を付ける

A:Auf was achtest du? / Worauf achtest du?
(何を気にしてるの?)

B:Ich achte auf meine Arbeitzeit.
(仕事時間だよ。)

*auf wasという文法はほかにないのでworaufと同じ意味で使えます。ここが前置詞+dasと違うところ。

ーーーーーーーーー

6.es geht um A=Aについて

A:Um was geht es? / Worum geht es?
(何のこと?)

B:Um die Prüfung morgen.
(明日の試験のことよ。)

ーーーーーーーー

7.suchen nach D=Dを探す

A:Wonach suchst du?
(何探してるの?)

B:Nach meinem Hausschlüssel. Seit gestern such ich danach.
(家の鍵。昨日から探してるんだ。)
ーーーーーーー

8.liegen an D=Dのせいである

A:Ich lerne täglich Deutsch, aber mein Deutsch macht keine Fortschritte. Woran liegt das?
(毎日ドイツ語勉強してるのに全然進歩しない。何が悪いんだろ?)

B:Das liegt vielleicht daran, dass es dir an den praktischen Übungen fehlt.
(もしかしたら実戦練習が足りてないせいかもしれないよ。)

☆☆

A:Ich lerne täglich Deutsch, aber ich komme nicht weiter. Ich weiß jetzt nicht, woran es liegt.
(毎日ドイツ語勉強してるのに前に進まない。もう何が原因かわからない。)

B:Vielleicht liegt es daran, dass du falsch lernst. / …dass dein Lehrer nicht gut genug ist.
(もしかしたら勉強方法が間違ってるせいかも。/ 先生がよくないせいかも。)

↑ da+前置詞の後に副文が続くことも多い。

ーーーーー

9.da+前置詞+副文の例

・Ich habe mich furchtbar darüber geärgert, dass sie gelogen hat.
(私は彼女がうそついたことに怒り狂っている。)

・Wir haben uns dafür entschieden, dass wir ein neues Auto kaufen.
(私たちは新しい車を買うことに決めた。)

・Ich kann mich nicht daran erinnern, wie er heißt.
(彼がなんていう名前だったか思い出せない。)

・In diesem Video spreche ich darüber, was Präpositionaladverbien sind.
(この動画で私はPräpositionaladverbienという文法について話している。)

↑主文に出てくるda+前置詞は多くの場合、省略可。

ーーーーーーー

例文からもわかるように、da+前置詞・wo+前置詞を正しく使うにあたって最も重要なことは、動詞+前置詞のセットを覚えていることです。

こちらに動詞+前置詞のセット100通りの例文があるのでこれと一緒に今回の文法も練習することをおすすめします。:動詞+前置詞100例文(動画もあり)。

 

今回の文法のまとめ

1.意味:da+前置詞はdas, wo+前置詞はwasと同じ

2.目的語としての前置詞のみに使える。補語としての前置詞には使えない。

3.daはモノのみ。人には使えない。

4.前置詞+dasはダメ。前置詞+wasはOK。

5.wo+前置詞は副文の接続詞としての機能もあり(次回の文法で詳しく)

6.動詞+前置詞のセットを記憶していることが絶対条件です。

それではまた次回に。

聴いて覚えることも大事。動画解説はこちらです↓

前の文法へ【ドイツ語文法36】
次の文法へ【ドイツ語文法38】
ドイツ語文法一覧へ
ドイツ語のトップページへ


0 コメント

     

    XHTML: タグをつける: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>