【ドイツ語文法43】形容詞の格変化 -Adjektivdeklinationen-


ドイツ語基礎文法一覧

形容詞の格変化とは、冠詞と名詞の間に形容詞を入れたときに起きる語尾の変化形のことです。

たとえば

ein Film(ある映画)

この形は

ein(冠詞)+Film(名詞)ですね。

この両者の間に形容詞を入れると「どんな映画」であったのかを表現することができます。

形容詞が「どんな(wie)」に対応する語であることはひとつ前の文法で解説しました。

そして今回は文法的は名詞を修飾する語として使うということですね。

 

たとえば

Das ist ein lustiger Film.
=これは面白い映画だ。

Das ist ein interessanter Film.
=これは興味深い映画だ。

Das ist ein japanischer Film.
=これは日本の映画だ。

Das ist ein spannender Film.
=これはハラハラする映画だ。

これらのlustiger, interessanter, japanischer, spannenderは形容詞の語尾を格にあわせて変化させた形です。
(形容詞の原形はそれぞれlustig, interessant, japanisch, spannendです。)

上の場合は動詞seinの述語なので一格の変化ですね。

 

では次の表現ならどうでしょう。

Wir schauen heute einen lustigen Film an.
=今日面白い映画を見るんだ。

Wir schauen heute einen interessanten Film an.
=今日興味深い映画見るんだ。

Wir schauen heute einen japanischen Film an.
=今日日本の映画見るんだ。

Wir schauen heute einen spannenden Film an.
=今日ハラハラする映画見るんだ。

先ほどの一格とは語尾が若干変わっていますね。

なぜか?

なぜなら動詞がanschauenだからです。anschauenは四格目的語をとるので冠詞も四格、つまり形容詞もそれに合わせて四格に変化します。

 

つまり文法的に言えば、形容詞の格変化は冠詞の格変化の応用バージョンです。

そして、前につく冠詞によって形容詞も影響され、変化形が変わります。

そのため、形容詞の格変化の理解には冠詞の理解が必要です。まだ理解が浅い方(ドイツ語の冠詞はどのような種類があるかよくわからない、など)は先に冠詞の種類冠詞の格変化を勉強してから、形容詞の格変化をされることをおすすめします。

 

形容詞の変化形は冠詞別に大きく3つにわけることが出来ます。

 

これらの冠詞の後ろにつく形容詞の格変化の表がこちらです↓

 

定冠詞、指示冠詞

der, dieser, jener, welcherといった冠詞が前につく場合の形容詞の格変化です。

Kasus(格) maskulin feminin neutral plural
Nominativ der gute Film die harte Arbeit das leckere Essen die blonden Haare
Genitiv des guten Films der harten Arbeit des leckeren Essens der blonden Haare
Dativ dem guten Film der harten Arbeit dem leckeren Essen den blonden Haaren
Akkusativ den guten Film die harte Arbeit das leckere Essen die blonden Haare

 

 

不定冠詞、所有冠詞

ein, kein, mein, dein, sein, unser, ihr…のような冠詞が前につく場合の形容詞の格変化です。

Kasus(格) maskulin feminin neutral plural
Nominativ ein guter Film eine harte Arbeit ein leckeres Essen meine blonden Haare
Genitiv eines guten Films einer harten Arbeit eines leckeren Essens meiner blonden Haare
Dativ einem guten Film einer harten Arbeit einem leckeren Essen meinen blonden Haaren
Akkusativ einen guten Film eine harte Arbeit ein leckeres Essen meine blonden Haare

*不定冠詞(ein)には複数形がないため、私の(mein)を入れてあります。

 

 

ゼロ冠詞

Kasus(格) maskulin feminin neutral plural
Nominativ roter Wein kalte Milch frisches Brot blonde Haare
Genitiv roten Weins kalter Milch frischen Brots blonder Haare
Dativ rotem Wein kalter Milch frischem Brot blonden Haaren
Akkusativ roten Wein kalte Milch frisches Brot blonde Haare

*男性名詞と中性名詞の二格は、一見慣れない変化形なので注意です。

男性・中性二格→〇 roten Weins, ✖rotes Weinsではないので注意です!

 

3種類の変化形を見ましたが、形容詞の語尾はどれもよく似ていますね。

もう一度、1と2の定冠詞と不定冠詞変化形を一緒に見てみましょう。共通点がたくさんあります。↓

 

定冠詞・不定冠詞の比較

Kasus(格) maskulin feminin neutral plural
Nominativ der gute Film
ein guter Film
die harte Arbeit
eine harte Arbeit
das leckere Essen
ein leckeres Essen
die blonden Haare
meine blonden Haare
Genitiv des guten Films
eines guten Films
der harten Arbeit
einer harten Arbeit
des leckeren Essens
eines leckeren Essens
der blonden Haare
meiner blonden Haare
Dativ dem guten Film
einem guten Film
der harten Arbeit
einer harten Arbeit
dem leckeren Essen
einem leckeren Essen
den blonden Haaren
meinen blonden Haaren
Akkusativ den guten Film
einen guten Film
die harte Arbeit
eine harte Arbeit
das leckere Essen
ein leckeres Essen
die blonden Haare
meine blonden Haare

このように、比較するとほどんどの形容詞が同じ変化をします。

男性名詞一格と中性名詞一格・四格だけが微妙に違いますね。(der gute Film/ein guter Film)(das leckere Essen/ein leckeres Essen)

それでもかなりの規則性があり、覚えやすいのではないかと思います。

やはりそれぞれの冠詞の格変化をしっかり覚えていることのほうがはるかに重要で、それがあれば形容詞の格変化は割かし自然に入っていけるのではと思います。

 

☆☆

 

形容詞の格変化は、名前のとおり、すべての形容詞に使うことが出来ますが、形容詞以外の語でも使えるものがあります。それは

・序数を表す数詞

・いくつかの代名詞

です。序数とはerste, zweite, dritte, vierte, dreißigste….といった「~番目」を表す語です。(序数についてはこちらの文法へ

この序数も形容詞の格変化をします。

たとえば日付は

Heute ist der einundzwanzigste Mai.
=今日は5月21日だ。

Ich habe am fünften Mai Geburtstag,
=私は5月5日が誕生日だ。

のように形容詞の格変化をします。

 

その他、beide(両方の), selbe(同一の), einige(いくつかの), etliche(いくつかの), meiste(ほとんどの)といった代名詞(または量詞といってもいい)も前に冠詞がつくと、形容詞の格変化をします。

たとえば

・Die beiden Bücher gehören mir.
=この本は両方とも私のだ。

・Er ist die meiste Zeit des Jahres auf Reisen.
=彼は一年のほとんどの時間を旅行に使っている。

 

☆☆

 

また、わずかな形容詞は、格変化の際に語尾だけでなく原形も少し変わるものもあります。

語尾をつけると発音が困難になるため、特定の音が落ちるというものです。

以下のような形容詞です。

hoch:

das hohe Gebäude, ein hoher Baum..

(hochのcが落ちる)

teuer:

der teure Computer, ein teures Handy…

(teuerのeが落ちる)

sauer:

die saure Gurke, die saure Professor…

(sauer)のeが落ちる)

dunkel:

der dunkle Raum, ein dunkles Zimmer…

(dunkelのelが反対になる)

sensibel:

das sensible Mädchen, ein sensibles Kind…

(sensibelのelが反対になる)

 

☆☆

 

それでは練習です。

形容詞の格変化をマスターするには・・・

まず

1.名詞の格を特定する

2.名詞の性を特定する

3.冠詞の種類を特定する

この手順で下の形容詞を語尾変化させてみましょう。

例)

Ich liebe heiß… Tee.

この文の形容詞heißはどのような格変化をするでしょうか?

1.名詞の格を特定します。

→動詞がliebenなので四格ですね。

2.名詞の性を特定します。

→名詞Teeは男性名詞です。

3.冠詞の種類を特定する。

→heißの前に冠詞はついていないのでゼロ冠詞です。

ここまで特定したら四格・男性・ゼロ冠詞をもとに先ほどの3つの表から答えを探して入れてみましょう。

答)Ich liebe heißen Tee.

が正しいですね。

 

それでは次の練習はご自身でやってみましょう。…のところにふさわしい語尾を入れてください。

1.Japan ist ein sehr sicher… Land.

2.Taiwan hat traditionell… Kultur neben modern… Leben.

3.Wir arbeiten mit Menschen aus verschieden… Ländern.

4.Es gibt in Japan überall öffentlich… Toiletten.

5.Man bekommt in Restaurants kostenlos… Wasser.

6.Wir sollen individuell… Entscheidungen respektieren.

7.Die Fantasiewelt gefällt mir mehr als mein echt… Leben.

答えはこちらの動画の中です↓

何度も練習して身につけましょう。読解も有効です!

練習問題はこちらでたっぷりできます↓

形容詞の格変化:一格をひたすら練習するためのページ

形容詞の格変化:四格をひたすら練習するためのページ

形容詞の格変化:三格をひたすら練習するためのページ

 

 

ドイツ語読解一覧
ドイツ語単語一覧
ドイツ語文法一覧
文法練習問題一覧
ドイツ語動詞一覧
ドイツ語例文一覧
ドイツ語表現一覧
個人レッスン
ドイツ語学習トップ